BRISTOL - MUSIC & CULTURE

 
 

Bristol Bass (Jockey Slut / 1996)

Bristol Bass by Emma Warren, Jokey Slut vol 2 No 5 (1996)

More than any other British city, Bristol has always had an identifiable musical sound. From Smith and Mighty, Massive Attack, Tricky and Portishead, to current breakbeat innovators Roni Size, DJ Krust, DJ Die and Flynn and Flora, Bristol has always been obsessed with bass. Emma Warren checks to see if it's something in the water.

雑誌『Jockey Slut』1996年12/01月号(Volume 2 Number 5)に掲載された、Emma Warrenによるテキスト「Bristol Bass」からの抜粋。
関連記事
 
 
Trackback
http://bristolsound.blog10.fc2.com/tb.php/779-a7718ee5
今からちょうど20年前、1997年前後に作っていたスクラップブックからのスキャン。雑誌『Jockey Slut』に掲載されたテキスト「Bristol Bass」からの抜粋。 当時はネットも低速で、歴史的資料もほとんどアーカイヴされていない状態。仕事の合間にネットサーフィン(笑)してはコピペ&プリント、ノートに切り貼りしていました。これの全文は現時点ではネット上にはないみたいなの...
2017.01.21 02:29
 
 
Comment






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
プロフィール
bristolsound
英国南西部の港町BRISTOLから発信される音楽/文化の最新情報とアーカイヴ。 presented by DISC SHOP ZERO
 
最新記事
 
月別アーカイブ
 
最新コメント
 
最新トラックバック
 
カテゴリ
 
#BS04GF
 
BRISTOL at DSZ
 
RSS
 
Google検索
 
ブログ内検索
 
TAG TOP 40

full list is HERE

 
リンク
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
QR
Top
Copyright © bristolsound / Designed by Paroday