BRISTOL - MUSIC & CULTURE

 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit | Top
 
 

KIDKUT - the beginning of Bristol Dubstep (2008)

KidKut

IMMERSE RECORDSを主宰するKIDKUTことADAM JACKSONへのインタヴューを、『remix』2008年6月号から転載。
ブリストルのダブステップ・シーンを作り上げて盛り上げてきたやつはピンチだ。俺と“Immerse Sessions”をともにやっているシンキングは、俺の“Deep”っていうパーティーも手伝ってくれていて、〈リダクション・レコーズ〉も運営している。彼が数年前にピンチを一番最初にダブステップのパーティー“FWD”に連れて行ったんだ。ピンチはその後、“Context”っていうパーティーをはじめてダブステップを取り入れていくようになり、〈テクトニック〉を立ち上げた。“Context”の後に“Subloaded”をはじめるんだけど、いまはそっちのほうがメインのビッグパーティーになっている。この間は900枚ものチケットが売れて、オープンから30分で箱は満員状態になった。一番思い出深いのは2回めに“Black Swan”という箱でやったときで、とにかくベースの鳴りが凄まじかった。ローファーが曲をかけたとき、ブースの後ろにあるベースの圧力のおかげで失神しそうだったらしい。Dissident Partyクルーのシステムを入れていたんだ。
俺がダブステップに関わりだすようになったのは'04年だった。親友のシンキングの2004年10月のダブステップのミックスを持っているんだけど、それはいちばん最初にウェブ上で発表されたダブステップのミックスだった。
'05年の終わり頃になって“Noir”でやるようなドラム・ファンクとダブステップのコンビネーションのようなサウンドをサポートしたいと思ってレーベルをはじめることにしたんだ。レーベルのコンセプトは「ブレイクビーツとサブ・カルチャー」で、レコードにはそのタグがプリントされている。それは“Noir”のスピリットを表すためで、主にダブステップをリリースしているが、ときにはまったく違ったサウンドを発表することもあるということなんだ。俺がDJするときにはいろんなスタイルを混ぜるんだけど、レーベルはまさにそれを表している。
ダブステップはロンドンではじまって、確かに〈テンパ〉がパイオニアかもしれない。でもこのシーンでのブリストルの役割もとても大きいと思う。この街でこのシーンに関わっている人間はみんな創造性豊かで、自分たちをレペゼンしたいと思っている。ブリストルがいかにこのシーンで認められているかってことは、ロンドンではじまったFWDが、いま隔月でレジデントの箱である“Plastic People”でブリストル系が中心の夜をはじめたことでも分かると思うよ。

text: KidKut (Immerse Records), interpretation: Daisuke Hattori

関連リンク
first DUBSTEP night in BRISTOL?
IMMERSE RECORDS関連ストック一覧
関連記事
edit | TEXT | Trackback:1 | Comment:0 | Top
 
 
Trackback
http://bristolsound.blog10.fc2.com/tb.php/439-e87d9b6a
♪DJ ThinKing - October dubstep mix (2004) DJ ThinKingことDICCON JEFFRIESによる2004年10月のDJ MIX。KIDKUT(IMMERESE RECORDS)によると、「最初にウェブ上で発表されたダブステップのミックス」とのこと(→参照)。
2011.01.16 17:44
 
 
Comment






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
プロフィール
bristolsound
英国南西部の港町BRISTOLから発信される音楽/文化の最新情報とアーカイヴ。 presented by DISC SHOP ZERO
 
最新記事
 
月別アーカイブ
 
最新コメント
 
最新トラックバック
 
カテゴリ
 
#BS04GF
 
BRISTOL at DSZ
 
RSS
 
Google検索
 
ブログ内検索
 
TAG TOP 40

full list is HERE

 
リンク
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
QR
Top
Copyright © bristolsound / Designed by Paroday 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。