>に連れて行ったことから始まったと言われるブリストルのダブステップのシーン。レーベルReduction、Double Science、そして現在はBlack BoxやBox Cleverなどのレーベルを手がけるDiccon Jefferiesへのインタヴュー。ドラムンベースから始まる音楽的ルーツからレーベル運営、母体となるChemical Recordsなどについても言及。長い英文ですが必読。...Mark Stewart interview on『remix』2008年6月号80年だか81年にThe Pop Groupがニューヨークに行ったときMarsやDNAなどと一緒に音楽をやって、そして俺はAfrika Bambaataaを探したり、初期のヒップホップを録音したりしていた。そしてKeith LeBlancやDoug WimbushといったSugae Hillのクルーと出会った。俺たちがニューヨークで録ったWBLSのヒップホップ番組がブリストルに持ち帰られ、コピーされたものが彼(注:不明)の手元にも...雑誌『i-D』1990年6月号に掲載された特集記事から、MASSIVE ATTACKとSMITH & MIGHTYに言及したパートを抜粋。...1994年、雑誌『STRAIGHT NO CHASER』28号に掲載された、MASSIVE ATTACKの記事。...雑誌『RECORD MIRROR』1990年1月19日号に掲載されたCARLTONのインタヴュー記事。...PORTISHEAD - It Could Be Sweet『NME』1997年10月11日号に掲載されたPORTISHEADロング・インタヴュー。興味深いのは、“第4のメンバー”DAVE McDONALDの発言を多く掲載、プレPORTISHEADの様子を知ることができること。現在までに繋がる重要人物の名前も沢山登場します。ここでは、その部分のみを抜粋して紹介。...■Data Transmission - Punch Drunk, Tectonic & Bristol: a tale of one cityTwo labels that have come to personify this pioneering spirit are Punch Drunk and Tectonic. Run by Peverelist and Pinch respectively, both imprints are responsible for some of the most idiosyncratic bass music released over the past half decade; mutant R&B, jungle-influenced rollers, dub techno and more experimental sonic ......■PEVERELIST - Bringing Machines to LifeHaving said that, even though dubstep is bigger than ever, the underground scene feels like it's back at where it was five years ago. The most interesting music is what I find at nights where there are maybe only thirty or fifty people.RESIDENT ADVISORやFACTにも寄稿しているANDREW RICEによるブログFUTUREPROOFING掲載のPEVERELISTインタヴュー。最新ダブを収めたDJ M..." /> BRISTOL - MUSIC & CULTURE - INTERVIEW

BRISTOL - MUSIC & CULTURE

 
 
プロフィール
bristolsound
英国南西部の港町BRISTOLから発信される音楽/文化の最新情報とアーカイヴ。 presented by DISC SHOP ZERO
 
最新記事
 
月別アーカイブ
 
最新コメント
 
最新トラックバック
 
カテゴリ
 
#BS04GF
 
BRISTOL at DSZ
 
RSS
 
Google検索
 
ブログ内検索
 
TAG TOP 40

full list is HERE

 
リンク
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
QR
Top
Copyright © bristolsound / Designed by Paroday